年末を迎え、たまりにたまった物欲のはけ口として、なんと11年ぶりとなるPC(新品)購入を決断。その必要条件は「3Dも難なくこなせるグラフィック性能、USB3.0、Blu-Rayドライブ、そしてCore-i7」。コストパフォーマンス、ブランド、デザイン、サウンドなどなど超短期間でしたが熟慮に熟慮を重ねた末にたどり着いたひとつの結論。すなわち、必要条件を満たしかつ琴線に触れまくった機体、それが「HP Pavilion dv7」だったのでした。というわけで―

そんなモンスターがきやがったぁぁぁぁぁ!
s-IMG_1743

(・・・できれば元箱ごと一回り大きいダンボールに包装してほしかったけどw)

            /)    __
           ///)/   \
          /,.=゙''" /   _ノ  \
   /     i f ,.r='"‐'つ  ( ●)(● こまけぇこたぁいいだろ!!
  /      /   _,.-." ::::::⌒ (__人__)
    /   ,i   ,二ニ⊃     |r┬-|
   /    ノ    il゙フ. |      `ー'´}:
      ,イ「ト、  ,!,! .  ヽ        }
     / iトヾヽ_/ィ"   ヽ      ノ



というわけでこれから数回に分けて、dv7の魅力に迫ります(*・ω・)ノ
最初のレビューとなる今回は-arrival-編と題して、まずは到着の喜びやそのスタイリッシュな外観などをご紹介。

というのは建前だったりw(何
実は12月の上旬にはすでに手元にあったんですv スケジュールの都合で落ち着いて記事を書けるまとまった時間がなかなかとれず、いままで延び延びになってしまいましたorz その間dv7をガンガンそこそこ使い込んでしまったせいもあり、自分の中で少し新品の新鮮さ・瑞々しさ・ドキドキワクワク感が薄れ掛けてしまっています(爆) なのでこの時間の流れがこれからの記事のテンションに不安な影を落としてしまうかもしれませんw

まあ、一ヶ月足らずで新鮮味が失われるほどにすっかり生活の一部として溶け込んでいるということでもあると思うので、それはそれで良しとしておきましょう・・・



否、断じて否ァァァァ
(`・ω・´)シャキーン
なんつっても11年ぶりの新品PC、ここはいっちょテンションアゲアゲで逝くZEEEEEEEEEEEE、おめーらついてコイYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!

んじゃすたーとぉ!
ブログを訪れていただいている方がすべてHPマニアもしくはdv7フェチとは限りませんので(笑)、まずはスペックを概観してみましょう。
ちなみにdv7の最新モデルは「dv7-6b00」で、今回入手したdv7-6100は一世代前のものとなります。ですが形式的に型番が違っているだけで(それこそbか1かの違いくらいでしょう)、実質的な性能の違いはほぼ皆無といってよいと思います(`・ω・´)シャキーン
「じゃあなんで最新モデルにしなかったの??」と鋭い指摘が飛んできそうです><
結論から言うとコストパフォーマンスを追及した、ということですね。メーカーでとことん性能を追求するカスタマイズを行うとお値段があれよあれよという間に手の届かない価格帯になってしまう。だったら型落ちでもいいから最高なスペックのものを購入しようと、そういうことになったのでした。その甲斐あって満足のいくものを購入できたと思っています(自己満足)。
あ、また話が飛んでしまいました(w ではではスペックのご紹介です(*・ω・)ノシ

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

HP Pavilion dv7-6100TX

Chipset:Mobile Intel HM65 Express
OS:Windows7 Home Premium 64bit
CPU:Core i7 2820QM Processor (2.3GHz)
ストレージ:160GB SSD + 500GB HDD
メモリ:4GB DDR3 SDRAM
光学ドライブ:Blu-ray Optical Drive
ディスプレイ:17.3 Full HD LED Display
グラフィック:Radeon HD6770M 2GB
WLAN&Bluetooth

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--

購入に際してざっと気をつけたポイントを書きます。
・メモリ
4GBなモデルで十分でした。4GBx2を別途買い足して換装したほうが安上がりというのはもはや定説となっていますw
・ストレージ
絶対ダブルストレージモデルだと決めて購入しました。シングルなモデルだとセカンドストレージ用のSATAケーブルが付属しないという情報をキャッチしていたから(dv7はSATAコネクタがマザー直付けではなく、ケーブルを間に介さないと装着できない仕様になっています。シングルタイプだとそのケーブルが付属しない。後で買い足すことはできるけど余計な手間)。
・解像度
液晶はノングレアなフルHDにしました。以前ジャンクのnw8440を入手し、先代のブログでもご紹介したことがありました。その機体の解像度は1920x1200。その使用感を参考にしたのですが、nw8440はちょっと文字が小さくなりすぎてちょっとつらかったんですよね。じゃあ今回は少し解像度を低くしてみるか、と。・・・だけどよく考えてみるとdv7の液晶サイズは15.6じゃなくて17.3なんですよね。サイズが大きくなる分、フルHDとはいえ文字の大きさは大きくなるんじゃないかそれに最高スペックって気持ち良いに違いないよ!と考え、フルHDを選択するという賭けに出てみましたw 液晶の見易さはPCの使いやすさにダイレクトに響いてくるだけに結構な博打に出ちゃったな、と後から少し後悔したのは内緒(笑) さてその結果はいかに!?あ、あとこのパネルを選んだもうひとつの理由として「グレア(光沢)回避」という理由もありました。

じゃ、待ちに待った開封といきましょう!
ゴソゴソ・・・
(;´Д`)ハアハア
s-IMG_1744


ガサガサ・・・
ハァハァ(*´д`*)
s-IMG_1745

パカッ・・・(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)/lァ/lァ (*` Д´)//ア//ア!!
IMG_1901

そしてついに目の前に、、、












デタ━━━━(T∀T)━━━━!!
IMG_1898
ここから始まっちゃうーーーーーーーー!生まれるぅぅぅぅぅぅううううううううううううう!!(何が

バッテリーとACアダプターがこちら。
IMG_1899
ACアダプターは18.5V 6.5Aとなっておりました。デカイしアンペア数も高いです。まぁこれだけのスペックのPCを動かすんだからそのくらいは必要なんでしょうね。

使用感のまったくないタッチパッド!(あたりまえw
IMG_1776

アイソレーションなキーボード(テンキー付)!
IMG_1754

トップカバーにあるHPのロゴ!(電源入れると白く発光しちゃう素敵仕様///)
IMG_1752


Core i7なホログラムシール!
IMG_1753
か、感涙だお(´;ω;`) いうなれば・・・

もう何も恐くない!!


   ○
   ム7
  ┌<フ
  ヘ|
 //\
`</  \/>
 \◎ //\
  \// /\
  // / /\
  </\    /\
    \  / /\

状態!!(わかる人だけw)

んで、本当は設定画面やら、起動画面やら、もろもろをちゃんと写真にとって、ファーストコンタクトな興奮をお伝えしようと思っていたのですが、写真をすっかりとり忘れてしまっていました(爆) 大興奮のままPCをイジイジしていて気づいたときには初期設定がすべて済んでしまっていたというッッw(ありのまま 今起こった事を話すぜ!AA略)そして思い出したかのように急ぎ撮影した写真がこちら。

IMG_1775

初期設定後一番初めに行ったこと。それはHDDイメージのバックアップです。EaseUS Todo BackupというHDDイメージバックアップツールで、リカバリ領域も含めたフルバックアップをしました(*´Д`*) いやー、このソフトの性能のよさといったら素晴らしいの一言ですねぇ。この手のソフトで有名なのはTrueImageなのでしょうが、それとほぼ同じことがお手軽にできちゃいました。特に日本語化しなくてもヒトリデデキタ!手順もわかりやすく使い勝手がとてもよかったですv

というわけでまずはバックアップをば。
IMG_1778

さすがはSSDの性能。10分かかるかかからないかという短時間でバックアップ完了。
ちゃんとバックアップできるかどうか、そしてスムーズに復元作業ができるかどうかを即座にチェックしてみました。SSDをとりはずし、手持ちのHDD(500GBのもの)に換装して実行してみました。
IMG_1784

HDDのせいかな?復元には多少時間がかかりましたね(20分くらい)。ですが、ちゃんと復元完了できました(*'-'*)ノシ
そうそう、リカバリディスクの作成に関して。数年前からそういう仕様になっていると思いますが、HPのノートには一回だけ(ワンセットだけ)リカバリディスクを作成できる機能があります。んで、これはジャンクをいじっている中で知ったのですが、「リカバリ作成前のHDDをまるごとバックアップすれば、それを復元することによって何度でもリカバリディスクを作成できる」んです。つまりHDDイメージ作成→リカバリ作成→HDDイメージ復元→リカバリ作成→HDDイ(以下ループ)という具合です。このテクニックがこの最新のHPノートでも通用するか試してみました。
んで、結論から言うと「可能」でした(゚∀゚)アヒャ 
HDDにイメージ復元しリカバリディスクを作成。もとのSSDに戻して再度作成にチャレンジしたところOKでした。リカバリを作成済みという情報をBIOSで管理しているとなると、その手法は通じないことになりそうだなぁと危惧していたのですが、今までどおりストレージ(SSDやHDD)のどこかで管理しているのでしょう。まぁリカバリディスクはそうそう読み込めなくなるものでもないと思いますが(w、このテクニックで二重三重にバックアップしておくのは精神衛生上宜しいですね。・・・まぁリカバリするとしたらHDDイメージからしたほうが高速&お手軽なので、リカバリディスクからリカバリすることは多分ないでしょうけどねw

最後にちょろっと使用感など。
詳しくは動作編に書くつもりですが、快適そのもの! 
SSD?Corei7?はたまたグラフィック?! とにかく最新技術を一挙に手に入れてしまったためどれがどれほど快適にしてくれているのが皆目見当がつきませんが(w、ものすっごサクサクの一言ですv ジャンクをいじる喜びとは比較不能なトキメキがそこにある!と断言せざるをえません。まさに・・・

動作が軽い…

 |
 |  三
 |  三
 (^o^)y=―
  ( )  三
  <| 三

こんな幸せな気持ちで
PCを使うなんてはじめて…
 ↓Corei7
 ◇     ◇←SSD
  \(^o^)/
    ( )
   / \

もう何も怖くない!

  (^o^)
   ( )>
  < \
  | ̄ ̄ ̄ ̄|

状態! (このネタ好きだなw

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、バックアップも無事完了しましたし、気兼ねなくバンバン使っていくぜえええええええええ!・・・とその前にまだやることがあったりします。ほぼ同時に購入したメモリを増設したり、タッチバッドやキーボードがテッカテカにならないように保護したい。とくに後者、なんだかすごいことになってしまったという・・・(w まぁそれは見てのお楽しみ?! というわけで次回はその辺をご紹介しますノシ

-Protect&PowerUp-編へ続きます!